学校ブログ

Blog >> 記事詳細

2018/09/13

5年生校外学習(港区立エコプラザ)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者209
 5年生は総合的な学習の時間に「環境」について学習を進めています。港区の取組を知り、自分たちができることを考えるために、港区立エコプラザに行って見学と学習をしました。
 
麻布十番まで歩き、大江戸線に乗りました。高学年らしいりっぱな態度でした。
  
 割り箸の問題で、木の伐採が問題視されて久しいですが、日本は逆に木が余っていて森に太陽の光を入れるためには、木を使ってあげた方が環境保護になるそうです。港区の建物の法律でも、大きい建築物は木材使用を使用するという「港モデル」が決められているそうです。ウッドコンシェルジュの白鳥さんから話を伺い、全国各地の木材を触り、香りの違いを感じました。
   
 次に職員の西条さんから、エコプラザにある植物たちの話を聞きました。なるべく自然の生態系に近づけているビオトープや緑のカーテンを観察し、屋上部にある畑で育てている木々、楮(こうぞ)の木を教えていただきました。ペットボトルを再利用した植木鉢からは、野菜の芽が発育していました。
  
 続いて、エコマークの種類と意味を教えていただき、最後に自分たちでペットボトルを再利用した植木鉢を作りました。
 自分たちで環境のために何ができるかのヒントをたくさんいただきました。これからの学習に生かしていきます。
12:51