学校ブログ

Blog >> 記事詳細

2018/12/13

プログラミング授業(6年)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者209
 オリンピックイヤーの2020年から小学校でのプログラミング教育が全面実施となります。プログラミング教育は、コンピューターやプログラミングの考え方を学ぶことです。1つの大きな動きを「分解」して細かい動きに分けたり、目的に応じて性質を取り出したり(抽象化)、類似点・関係性を見つけたり(一般化)、小さい動きを組み合わせたりする考え方を学びます。

 本日は、先行授業として()FIXER社のユニバーサル・キッズさんのスタッフのご協力で6年生が体験授業を受けました。マイクロソフト社の「マインクラフト」ゲームを通して、プログラミング言語(JavaScript)の基礎を学びました。
  

 どの児童も熱中して取り組み、試行錯誤してどんどん自分で進める児童もいて、さすがスマホ・タブレット時代の子たちだなあと感心しました。
ユニバーサルキッズの講師の皆さん、ありがとうございました。


14:50